ロビンについて -どうしてみんなロビンが好きなんだろう-ハナさんブログより

d0249350_22551770.jpg
私が初めて描いたクリスマス・カードはロビンでした。
そのカードをクラフト・フェアで1枚60ペンスで売りました。

6年前のことです。

あの時描いた赤い胸のロビンは、今も人気のカードのひとつです。

今年でもうこのロビンは終わりかなと、いつもぼんやりと思っていたのですが(初めて描いて以来たくさんのロビンを描いているから)、毎年みなさんに気に入っていただいています。

イギリスでみんなに愛され、クリスマスと深いつながりをもつロビンについてもっと深く知りたいと思うようになったのです。


赤い胸のさえずりの美しい小鳥、ロビンはイギリスでは誰もが認める大好きな鳥です。

2016年の好きな鳥を選ぶ投票では34%の支持を得ました。ロビンが愛されていることが容易に分かります。

ロビンは、特長のあるオレンジがかった赤い胸で見分けがつきやすい。1年中、明るく、大きな声でさえずり、どんなに厳しい冬の日であっても庭先で声を出し、飛び回っています。

ロビンは、人とふれあうことに慣れているわけではないと思いますが、ときどきガーデナーの後をついて回ったり、手でエサを与えようとすると飛び乗ったりすることがあります。

ロビンのような元気で小さな鳥たちは、自然とのつながりやふれあいのきっかけを作ってくれ、私たちも自然を大切に思うようになります。 

イギリスには670万ペアのロビンがいます。オスとメスの見た目は同じです。

かわいいロビンですが、実はとても攻撃的で、なわばり意識が強い性格なのです。

あの赤い胸の唯一の目的は防御です。

赤い胸は警告や力を示しています。

ロビンはガラスに映った自分自身の姿や赤い羽根の鳥にぶつかっていくことも知られています。

夏の繁殖期はつがいでなわばりを守り、冬は個々でなわばりを持ちます。

オスもメスも自分のなわばりを守るため大きな声で鳴きます。

ロビンは1年中さえずっていることが、私たちと深いつながりを持つようになった理由のひとつでもあります。

密度の濃いところでは1キロ平方メートルあたり最大250ペアがすんでおり、なわばりはとても重要なプレミアムなものなのです。


ロビンのさえずりは1年を通して変化します。

春のさえずりは、大胆で、明るく、自信に満ちています。力強さや自分の魅力を表しています。

秋のさえずりは、低いトーンでもの悲しさを感じる声に変わります。

繁殖するためになわばりを守っているわけではありませんが、1羽でなわばりを守っています。

ロビンだけでなく1年中さえずっている鳥は、夜明けに高い声で第一声をあげ、夜に静かに最後のひと声を鳴きます。

ロビンは、夜中、街灯の下でさえずっていると知られています。

d0249350_22384000.jpg

寡黙でぼくとつとしたガーデナーの心をなごませるロビンとの優しいふれあいを描きました。

ロビンは、木の実や種、幼虫、虫を食べます。

ガーデナーはロビンの気をそらし、餌付けをするのが上手です。

ロビンはガーデナーの手のふちにおそるおそる素早くとまり、エサをついばみます。

好奇心が強く、ガーデナーの動きが気になり、後をついて回っているのです。

ロビンの絵といえば、くわの柄にとまってガーデンを見渡している姿ですが、ずうずうしくお節介なところも魅力のひとつです。

実際は、私たちが思っている姿とは違い、小さな鳥、ロビンはガーデンのキングであり、クィーンなのです。

クリスマスとロビンの関連は部分的なものだと思われています。

それは、ビクトリア朝の郵便配達員が着ていたチュニックという上着の色がロビンの赤い胸に由来していたというものです。

そして、クリスマス・カードの流行とともに、ロビンとクリスマスの関係はより密になっていきました。


現在、ロビンはクリスマス・カードのイラストとしてクリスチャンのみならず大衆の中に根付いています。

たくさんの人々はロビンに亡き愛する人のおもかげを重ね合わせます。

私たちはロビンに愛する家族を想ったり、ガーデンの友人だと思ったりするけれど、冬の間、この小さな赤い胸の鳥たちに手助けできることがあります。

厳しい冬の天気は小鳥たちの死亡率を高めます。
寒い夜を一晩過ごすのに体重の10%のエネルギーを使います。
そこで、エサ台に小鳥たちが必要としているたんぱく質や脂肪の豊富なエサを置いてあげてください。
小鳥たちの大好物はミールワームですが、キッチンにあるチーズやケーキ、ビスケット、ドライフルーツなどのかけらも大好きなのです。
d0249350_22381989.jpg

赤い胸のロビンのカードはこちら

クリスマス特集ページはこちらから
d0249350_09552270.jpg
【数量限定】2018年 壁掛けカレンダー イギリス スコットランドの生きものたちのくらし 好評発売中!

ハナさんの新しい作品を含むイラスト&フィールドノート入りカレンダーです。
イラストに添えられた手書きのフィールドメモには、ハナさん自身の観察によるスコットランドの生きものたちのくらしが、ときおりユーモアをまじえて記されています。
今年は新たに花やキノコなども加わり、季節を通してスコットランドの自然をより満喫する内容になっています。

2018年カレンダーはこちらから
d0249350_10132384.gif
鉛筆画アーティスト&イラストレーターのハナ・ロングミュアーのレターセット、グリーティングカード、スケッチブック、ミニカード、ウィークリープランナーはこちら

美しいカントリーサイドの風景が残るスコットランドのボーダー地方で活動しているハナさん。
幼少の頃から鳥や虫などの身近な生き物に興味を持ち、それを家に持ち帰り描いて遊ぶような少女でした。
鉛筆から描き生まれてくる動物たち。
彼女は動物たちを注意深く観察することで、その愛くるしい表情をとらえ、繊細でおだやかな鉛筆画を描いています。

誕生日カード、お祝いのお手紙、季節のごあいさつなどにおすすめです。


d0249350_157505.jpg
英国カントリーサイドのライフスタイルをつたえる ブルーベルの森

イギリスのハンドメイド品を直輸入してお届けしています。素朴で温かいクリーム色のマグカップ、ティーポット、プレート、スープカップ、ボウルなど結婚祝いや誕生日のプレゼントに多くの皆様に喜ばれています。スコットランドのアーティストのティータオルも素敵なデザイン。かわいい動物たち、ガーデンバード、猛禽たち、わんちゃんのレターセット、グリーティング・カードもおススメです。心豊かな暮らしを大切にするイギリスをお届けします。

ブルーベルの森 ホームページはこちらから


[PR]
# by bluebell-woodland | 2017-11-21 22:51 | ハナ・ロングミュアー | Trackback | Comments(0)


英国カントリーサイドのライフスタイルをつたえるブルーベルの森は、イギリスの作家さんからマグカップ レターセット トートバッグ ティータオル カードなどを直輸入販売しています


by ブルーベルの森

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

外部リンク

最新の記事

ロビンについて -どうしてみ..
at 2017-11-21 22:51
クリスマス特集!限定マグカッ..
at 2017-11-16 16:35
イギリス・スコットランドの1..
at 2017-11-13 14:59
イギリス・スコットランドの1..
at 2017-11-09 17:52
紅葉の季節にぴったり!木の葉..
at 2017-11-06 23:13
11月 月とバッジャー
at 2017-11-02 11:26

記事ランキング

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

カテゴリ

全体
カントリーサイド
英国陶芸家
ティールーム
サラ・ビリンガム
トレバー・リリストン
ディビッド・ブラウン
パブ
B&B
ブルーベルの森
英国展
スコットランド
ガーデニング
ハナ・ロングミュアー
チェリス・ハリソン
デニス・ハドルストン
クリスマス
イギリスの料理、レシピ
自然保護
未分類

検索

画像一覧